Colorpuncture

カラーパンクチャー

身体のスイッチ

自動販売機のボタンを押すと、押したボタンにより、違うドリンクが出て来ますよね。それは機械の表面にあるボタンと、機械の内部がつながっているからです。身体の表面にもこのボタンの様なものがあり、そこは身体の内部につながっています。あるポイントを押すとそこは胃につながっていて、別のポイントは腸につながっていたりします。古代中国が発見したツボ(経穴)もその一つです。しかし身体には他にも骨や器官、さらに感情や記憶など様々なものにつながるポイントなど、まだ沢山あるのです。それらのポイントに働きかけることで、人は無限の可能性を手にすることができます。

色はメッセージ

色とは、物理学の説明では「(目が認識できる範囲の)ある周波数を持った電磁波となります。その周波数の違いが、人の目には色の違いとして感じられます。赤外線や紫外線も目には見えませんが、周波数が違うだけで、同じ電磁波となります。赤外線や紫外線は、生命細胞に大きな影響を与えることが知られています。同様に可視光線の範囲でも、色が細胞に影響を与えることが分かってきました。それぞれの色は違ったメッセージとして細胞に伝わっているのです。